同じ95%でも5万円以上を稼ぐ95%と、5000円も稼げない95%に分かれるのです。それを知ってからの僕の収入は・・・

国内【アンケート結果】

チャイルドシートの着用率

チャイルドシートの着用率は全国で50%未満にとどまるそうです。
危険性に対する認識は、十分であるとは言えない状態ですが、着用率が伸びない理由は何だと思いますか?

チャイルドシート

コメントでは、親の意識向上を求める声が大半を占めました。
「危険性を認識している」という親でも、着用の手間に面倒を感じることがあるようです。
また、着用はしていても、子どもがぐずることで実際に使用していないというケースも。
経験者からは「小さい頃から慣れさせると、成長しても大人しく座る」「『座らないと車に乗せない』としつけた」「好きなキャラクターのシールをチャイルドシートに貼った」といったアイデアが寄せられました。


国内【アンケート結果】

あなたの住んでいるところの大気はきれいですか?

あなたの住んでいるところの大気はきれいですか?

大気汚染

自動車の往来が激しい道路の近くで生活する人から排ガスによる大気汚染を指摘する声が寄せられました。

北九州市環境学習情報のサイトには、大気汚染の人体への影響が紹介されています。
体調不良を起こす前に、大気汚染に対する意識を高めていきたいですね。

国内【アンケート結果】

2007年版高齢社会白書「前例のない高齢社会」

政府は8日午前の閣議で2007年版高齢社会白書を決定した。総人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)は2005年には20・1%と5人に1人だったが、55年には40%を超え2・5人に1人になるとの推計を提示。「前例のない高齢社会が現出する」として対策の必要性を訴えている。

 05年には現役世代3・3人が高齢者1人を支えていたのが、55年には1・3人で1人を支えなければならなくなるとの推計も紹介。

 その上で今後の対策の方向性として、高齢者を「支えられる人」としてきた固定概念を捨て「貴重なマンパワー」と位置付けるよう意識転換を要請。具体的には高齢者の就労推進や、50代からの高齢期の人生プラン作成などを提案し「高齢社会を活力あるものとすることは十分に可能」と強調している。

 高齢者だけの世帯が増加している一方で、高齢者間の所得格差が一般世帯に比べて大きい現状も指摘した。

 今回の白書は、団塊世代の高齢化にも初めて焦点を当て、団塊世代が65歳になる12−14年には高齢者が年に約100万人ずつ増加するとの推計も紹介した。

 このほか白書は、日本の高齢化率は05年で既にイタリアを抜き世界最高となっており「世界のどの国も経験したことのない高齢社会になる」との見通しを示した。

国内【アンケート結果】

鯨(くじら)商業捕鯨の賛否〜ヤフーアンケートより

平成19年1月10日
財団法人 日本鯨類研究所HPより引用

 グリーンピースは「日本国民の70%が捕鯨を支持しない」と主張し、世論を間違った方向に誘導しようとしていることについて。

 グリンピース自身の世論調査のデータからも、正反対の結果が出ていることが明白である。

 2006年11月に インターネット大手ヤフーがネットを通じて行った世論調査の結果は、90%の国民が商業捕鯨の再開を支持していることを示している。 この世論調査に参加した 21,221人の回答者のうち 19,001人は「持続的な商業捕鯨に同意する」と答えたのに対し、2220人はこれに反対した。 ヤフー世論調査の結果はこちらのリンクにて閲覧可能: http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=120&wv=1&typeFlag=1

 このヤフー世論調査の結果は持続的な商業捕鯨を再開させるという日本の強い望みと、南氷洋および北西太平洋における鯨類資源管理制度を改善させるための日本鯨類研究所の業績の双方を強化するものである。

 ヤフー世論調査結果は、総理府が2001年に行った世論調査結果の鏡であるといえる。総理府の世論調査では75.4%の回答者が科学的知見に基づいた持続的商業捕鯨に賛成しているのに対し、僅か9.9%のみが反対。また、14.6%がこのことについて意見を持たないと回答している。

 同様に、日本経済新聞社(日経)が昨年実施した世論調査結果でも、74.7%の国民が商業捕鯨の再開を支持していることが分かっている。

 「鯨肉の需要は全く存在しない」というグリンピースの主張にもかかわらず、日本では商業捕鯨に対する支持率は高く、ヤフー世論調査の結果からみれば、これが増えている。さらに(過去において)供給が極端に減少したにもかかわらず日本の一般の人々の間では鯨肉はなじみ深い食材のひとつであり、グリーンピースの主張に反して鯨肉の需要は年々増加している。

 グリーンピースのスポークスマンや一部のマスコミが繰り返し言及しているグリーンピース世論調査結果は2006年6月15日に発表されたが、回答者の26.4%のみが「捕鯨に反対」であるのに対し、34.5%は「商業捕鯨に賛成」となっている。また、回答者の39.2%は「意見なし」である結果になっている。 (グリーンピース世論調査結果はこちらで閲覧できる。要約は8ページ: http://www.greenpeace.or.jp/press/reports/q_whaling_eng.pdf )

 日本で大勢の人は持続的捕鯨に反対しているというグリーンピースの主張はグリーンピース自身のデータに照らしても明らかに誤りであり、情報操作の最悪の事例である。南極海におけるグリーンピースの反捕鯨キャンペーンは自らの収入増を図るために計算された戦略的なマーケティング キャンペーンである。

国内【アンケート結果】

NHK受信料について「支払いを義務化する代わりに、2割程度の値下げする」との方針を菅総務相が表明。あなたは賛成、反対?

受信料「2割値下げで義務化」に賛成?
NHK受信料について「支払いを義務化する代わりに、2割程度の値下げする」との方針を菅総務相が表明。あなたは賛成、反対?
(実施期間:2007年1月17日〜2007年1月19日)
340.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。